2020年7月16日木曜日

【Youtube動画】谷川模型 マロネ41 マロネ41内装シールの制作(完成編)

当工房で作成している客車は、室内装飾をパソコンを使って作成したシールを利用して制作しています。内装シールの作成をどのようにして作成しているか、2回にわたって解説していきたいと思います。

今回はその第2回。第1回目の動画は装飾シールをつくにあたって、そのテンプレートとなる車や胃のスキャニングのコツについて詳しく説明させていただきましたが、今回はそのテンプレートを使ってどのように製作成してるかの開設をさせていただきたいと思います。
今回は少し長い動画になりますが、最後までのご視聴、よろしくお願いいたします。

ダブルルーフの運営するYoutubeチャンネル「鉄道模型工房」では、これからも色々な工作シーンを紹介して行こうと思います。ぜひ、チャンネル登録のほうもよろしくお願いします。

2020年7月14日火曜日

【Youtube動画】20系時代、EF58牽引の急行「銀河」の走行音を追加しました。

私の住む町でもアブラゼミが鳴き始めました、梅雨もそろそろ終わりかな?

さて、この録音テープは自室の書棚にずっと眠っていました。デジタル技術も進んで、そろそろアナログなものをデジタル化しないといけないと思い、数年前に公開していた音源と同じものです。その時、なぜかカセットのB面をデジタル化していませんでした。
パソコンを使ってデジタルデータにあるノイズなどを軽減させるツールがたくさん出てきているので、デジタル化してないB面をデジタルレコーディングをしたついでに、以前公開していたデータも新たにデジタル処理をして公開しました。


この音源を録音した昭和54年、私はなぜ東京へ行ったのか覚えていません。何しに行ったんだろ? とずーっと考えていますが、最近になって、一枚の切符が書斎の隅から出てきました。

切符には12月29日とあります。中段とある事から、おそらく私一人の旅行でないと思われます。母親の用事で私が付いていったんだろうと思います。


乗車当日の牽引はEF58の1号機。急行列車のため、各駅の停車時間も短く、撮った写真は数枚と映像としては大したことはありません。

急行「銀河」と聞けば、鉄道ファンなら恐らく誰でも聞いたことがあると思います。
「銀河」として最初に走り出したのは昭和24年。優等車ばかりの編成で東京ー大阪間を走り始めました。その後10系寝台時代を経て、昭和51年それまで特急専用としていた20系客車を初めて急行に使用しました。録音した年は、20系を使用開始してから3年目にあたる年となります。

昭和60年には14系寝台へ、その翌年には25系化。利用客の減少に伴い、編成も短くなり、平成20年3月15日、惜しまれながらも廃止されてしまいました。

最初の映像は、以前から公開している東京発車から、大船を過ぎたあたりまでの1時間ほどの音源です。
その次の映像は京都発車から、終着大阪までの音源です。
客車のデッキ録音のため、ガチャガチャと耳障りな音も入っておりますが、最後までのご視聴よろしくお願いします。

東京発車から、大船を過ぎたあたりまでの音源です

京都発車から、終着大阪までの音源です

【Youtube動画】谷川模型 マロネ41 マロネ41内装シールの制作(準備編)

車体のほうはホロ釣りや幌の取り付けを除いてほぼ完成したので、今回から室内装飾の工作に入ります。

当工房で作成している客車は、室内装飾をパソコンを使って作成したシールを利用して制作しています。内装シールの作成をどのようにして作成しているか、2回にわたって解説していきたいと思います。

シール作成の初回は、シールを作成するテンプレートとなる画像の作成方法を解説していきたいと思います。

ダブルルーフの運営するYoutubeチャンネル「鉄道模型工房」では、これからも色々な工作シーンを紹介して行こうと思います。ぜひ、チャンネル登録のほうもよろしくお願いします。

2020年6月30日火曜日

【Youtube動画】谷川模型 マロネ41 半艶クリアでオーバーコートとスエード調カラーの塗装

梅雨に入り、天候が不安定で、なかなか塗装に入れずにいました。

インスタントレタリングの貼りつけも終わったので、今回は半艶クリアでオーバーコート塗装の作業紹介と、窓枠パーツの塗装と取り付け、屋根の塗装の紹介をしています。

オーバーコートはGMカラーのNo.44 半艶コートです。
屋根の塗装は、空気調和装置点検蓋の部分は、GaiaカラーのニュートラルグレーⅣにフラットベースを混ぜ、艶を抑えています。

マロネ41はキャンバス屋根なので、点検蓋以外の屋根の部分はスエード調カラーのグレーを、スプレー缶から出して、エアブラシで吹いています。

そういったことの情報を映像では紹介していますので、見ていただければ嬉しく思います。
ダブルルーフの運営するYoutubeチャンネル「鉄道模型工房」では、これからも色々な工作シーンを紹介して行こうと思います。ぜひ、チャンネル登録のほうもよろしくお願いします。


2020年6月24日水曜日

【Youtube動画】谷川模型 マロネ41 等級帯色のマスキングと、本塗装編

前回は等級帯の色であるGMカラーのブルーB(GMカラー22番)を塗るまでのご紹介でした。
今回は等級帯のマスキングから、本塗装までのご紹介です。

とくにマスキング編は初心者の方にでもためになる便利グッズや、マスキングってどういう作業で、どういうところに気をつけなきゃいけないのかというところまで、ノウハウの浅いところも深いところもお話ししています。

一見、纏まりのないような内容ですが、一通り流してみると「あ~、そうなんだ」と私の意図が解っていただけることと思います。

では、谷川模型 マロネ41の塗装 等級帯のマスキングから、本塗まで編をご覧ください。

2020年6月21日日曜日

【Youtube動画】谷川模型 マロネ41 室内屋根塗装と等級帯色の塗装編

Youtubeに動画を投稿しました。
前回は天賞堂EF53のメイクアップ動画を公開させて頂いたのですが、今回は谷川模型製マロネ41の塗装編として、下地の処理からプライマーの塗装工程の動画をアップさせていただきました。

塗装ってシューシュー吹いているだけなのですが、それだけでは早送りの2、3分動画でできてしまうのですが、ブログで伝えきれない「空気感」というものを伝えることができないものかと考え、動画チャンネルを始めたので、できるだけカットなしに、塗装の準備段階から手順を追って編集しています。なので、10分の壁は関係なく、それでもあまりダラダラ流していては飽きられてしまうので、なんとか20分以内の動画に仕上げました。こういうのってノウハウがあるかと思うのですが、現段階では分からないので難しいですね。

つたない映像ですが、見てください。

良かったーと思っていただければ、チャンネルの登録もお願いします!

2020年6月18日木曜日

【Youtube動画】谷川模型 マロネ41 塗装編(下地処理から、プライマー塗装まで)

Youtubeに動画を投稿しました。
前回は天賞堂EF53のメイクアップ動画を公開させて頂いたのですが、今回は谷川模型製マロネ41の塗装編として、下地の処理からプライマーの塗装工程の動画をアップさせていただきました。

塗装ってシューシュー吹いているだけなのですが、それだけでは早送りの2、3分動画でできてしまうのですが、ブログで伝えきれない「空気感」というものを伝えることができないものかと考え、動画チャンネルを始めたので、できるだけカットなしに、塗装の準備段階から手順を追って編集しています。なので、10分の壁は関係なく、それでもあまりダラダラ流していては飽きられてしまうので、なんとか20分以内の動画に仕上げました。こういうのってノウハウがあるかと思うのですが、現段階では分からないので難しいですね。

つたない映像ですが、見てください。

良かったーと思っていただければ、チャンネルの登録もお願いします!

2020年5月24日日曜日

【Youtube動画】天賞堂プラ製 EF53の修理とプチカスタマイズ

Youtubeに動画を投稿しました。
何度も手直しをして、ナレーションを吹き込んでなんとか出来上がりました。
動画編集ソフト自体は今まで使っていたので不便はないのですが、10分程度に仕上げるのは、とても難しいことやと初めて知りました。
その10分の中に、タイトルやキャッチ、エンドタイトルとかも必要なので、正味は7分以下しか尺がないんですよね。伝えたいことたくさんあるけど、喋ってたら動画が終わっていたなんてww。
つたない映像ですが、見てください。
良かったーと思っていただければ、チャンネルの登録もお願いします!


2020年5月19日火曜日

南海電鉄、高野山電気鉄道の写真

今回は南海電鉄と、高野山電気鉄道の写真を10点ほどご紹介したいと思います。
今回も堺市の山村昭八郎様のネガからデジタル化したものをご紹介します。
かなりレアな車両などあります。形式不明なものがたくさんありますので、よろしければ情報ください。

まず、のっけからすごい写真です。「進駐軍専用」ですって。
写真から恐らく南海電鉄難波駅の高野線ホームと思われます。色は何とも言えませんが、濃緑色に白帯ですかね。車両の形式名などは不明です。

お次の写真は拡大してなんとか「1271」と書かれていることが解ります。無蓋車は「ト107」かと思われます。場所は不明ですが、規模からして住之江ですか。それとも天下茶屋か。

お次はちょっとブレていて申し訳ありませんが、言わずと知れた高野山電気鉄道の「デ101型」です。501と見えるので、なんば側ですね。場所は恐らく北野田駅と思われます。

これまたブレていて申し訳ありません。場所はなんば駅。とても不思議な車両です。
これに関しては全く情報がありません。どなたかわかる方是非コメントお願いします。

上の車両と関係があるのかわかりませんが、よく似た車両です。ホームが木製ですね。場所は不明ですが、もしかしたら極楽橋駅かもしれません。

北野田駅ですね。なんば側の方渡りで脱線事故の様子をとらえています。

北野田駅の昔の姿です。なんとなく覚えています。雪が深いですね。こういう時代もあったんですね。看板広告は医療関係ばかりです。なかには今でもあるものもあります。

これもぼけていて申し訳ありません。なんとか「おおとり」と読むことができます。
写真に写っている電気機関車の形式は不明です。ED17?

次回は高野山電気鉄道の写真を数点予定しています。お楽しみに!

2020年5月16日土曜日

南海電鉄 初代こうや号の写真

現在の「こうや」は3代目? その初代「こうや号」は南海電鉄が1951年から1961年までなんば~極楽橋まで走らせていた。その写真をスキャンしたので公開します。
写真は全て、実家の近くの文具店「ヤマショウ」の主人「山村 昭八郎」さんの撮影です。
いずれの写真も、いまではとても貴重な写真です。無断転載は厳禁とさせて頂きます。

撮影場所不明 極楽橋側 制御貴賓車クハ1900


南海 旧なんば駅 極楽橋側制御貴賓車 クハ1900

北野田-狭山間? を極楽橋へ向かう「こうや」1251等はまだ旧塗装が解る

旧なんば駅へ侵入するモハ1251。後ろに難波球場が見える

北野田駅を通過する「こうや号」乗務員が手で挨拶をしているのが解る

旧なんば駅1番乗り場。極楽橋側にクハ1900をつなぐ前の時代。

装いも新たな「こうや号」 さかいひがしにて撮影

極楽橋駅に到着した「こうや号」

2020年5月14日木曜日

Youtubeの動画作成

Youtubeの機能など、いろいろなことが勉強になります。
以前から別のチャンネルで動画投稿は行っていたのですが、動画自体の完成で完結させ、Youtubeにある機能は利用せずにいました。

今回、「山陰」号の動画を作成するのに、他の方のいろいろなチャンネルを参考にさせていただいたりしてYoutubeのチャンネルや動画を構築しています。

先日、某有名鉄道系ユーチューバーの方の動画を見ていて、字幕が設定されているのを見て驚きました。Youtubeの字幕はYoutube Studioで字幕表示の設定さえして入れば喋っている言葉が字幕として表示されたり、任意の字幕を作成して添付したりすることができます。

流石に「山陰」の動画は周りの環境音が多く、文字を自動で起こしてくれるとは思わないので、字幕ファイルを作成して添付しています。動画「山陰」号のシリーズは音声だけのデータに当時さつえいした写真をスライドショーで流すというオーソドックスなものなので、「いまどこそこ通過しました」とか「ここが**トンネルです」とかナレーションは入れられません。

そういったものは全て字幕として表示させています。字幕を作るのはとても大変で、まず元となる音声データの最適化を行います。

私の使っているプログラムはCyberlink社の PowerDirector 365 というプログラムです。
元データはカセットテープでの録音ですので、ノイズが多く、そのノイズを原音を損ねない程度に少なくさせる必要があります。 PowerDirector 365には動画作成に必要ないろいろなプログラムがバンドルされていますが、その中の AudoiDirector を使ってノイズの削減や、レベルの調整を行います。

この画面で 車内アナウンスの場所や、ホイッスル、トンネル、鉄橋など様々な音の場所を視覚的に見つけることができます。この画面と、時刻表と、地図、他の方のブログなどから鉄橋の名称や、トンネルの名称を見つけます。

ソフトウエアで表示されているタイムラインの時間を参考に決められた書式で字幕ファイルを作成してゆきます。

こんな感じで、今回の「山陰」号のビデオを作成しています。

【Youtube動画】谷川模型 マロネ41 マロネ41内装シールの制作(完成編)

当工房で作成している客車は、室内装飾をパソコンを使って作成したシールを利用して制作しています。内装シールの作成をどのようにして作成しているか、2回にわたって解説していきたいと思います。 今回はその第2回。第1回目の動画は装飾シールをつくにあたって、そのテンプレートとなる車や胃のス...